だいぶ前に読んでいたのですが、面白いと思ったのは「ラジオ*1の似合う夜」と「刀之津診療所の怪」。しかしこの二本はいくつかわからなかったところがありました。前者はどこかで見たような人たちがいる…しかし明かされていない。後者も同じ。
すると川俣さんの感想でちゃんと疑問に答えるような解があるではないですか。言われてみれば納得です。あーすっきりした(^^;。しかし、おばさまも意外なところで人脈(?)が広い?

レタス・フライ (講談社ノベルス)

レタス・フライ (講談社ノベルス)

  • 作者: 森博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/01/11
  • メディア: 新書
  • クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (212件) を見る
それから本屋に並んでいた工学部・水柿助教授の逡巡。これ絶対にハードカバーで買っているはずだと、書店の前を通るたびに我慢していました。今amazonで調べてみると、やっぱりハードカバーのほうで買ってます。実はこれ、実家に帰って読もうと、長い間旅行バックの一番下に入れてて長い間読んでなかったんですね。
工学部・水柿助教授の逡巡 (GENTOSHA NOVELS)

工学部・水柿助教授の逡巡 (GENTOSHA NOVELS)

  • 作者: 森博嗣
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 新書
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る

*1:そういえばその意味もあったんですね